HOME > 交通事故と責任 > 行政上の責任について

行政上の責任について

一般にいわれる行政処分で、道路交通の安全を確保するため、管轄の公安委員会が運転免許証の取消、停止、減点、反則金などの処分を行います。
 
自動車の運転者が道路交通法に違反した場合の点数制度があり、運転者の過去一定期間(原則として3年)の交通違反や交通事故の内容に応じて点数があり、その合計点数が行政処分基準点数となった場合に、免許の取消、停止などの処分があります。

関連ページ

  1. 行政上の責任について
  2. 刑事上の責任について
  3. 民事上の責任について