HOME > 自動車事故の対処方 > 被害者の救護と事故を警察へ届出る

被害者の救護と事故を警察へ届出る

1.まず第一に被害者の救護を優先する
 
2.二次事故を防ぐ為、道路の危険防止措置とる(車両の誘導など)
 
3.110番通報又は119番通報する
 
4.相手の住所、氏名、勤務先などの連絡先を確認する
 
5.目撃者がいる場合には、その人の住所、氏名を確認し事故の証言依頼をする
 
6.事故状況のメモをとる(後で記憶が曖昧にならないように)

関連ページ

  1. 被害者の救護と事故を警察へ届出る
  2. 事故連絡
  3. 交通事故証明書
  4. 車の修理前には承認が必要です