HOME > 自動車保険の補償と内容 > 自動車損害賠償保障法の特徴

自動車損害賠償保障法の特徴

自動車損害賠償保障法は大きく3つの柱で成り立っています。
 
1.加害者側に無過失責任に近い賠償責任を負わせたこと
自分のために運転する人が人身事故を起こした場合には、原則として責任(運行供用者責任)を負うこととし、実質的な無過失責任により被害者救済を図っています
 
2.自賠責保険の強制締結により基本補償を確保したこと
すべての自動車は自賠責保険を付けなければ走ってはいけない事になっていて、保険への加入を証明する「自賠責保険証明書」を必ず自動車に備え付け、いつでも提示できるようにしておく必要があります。
 
3.政府の保障事業を実施したこと
自賠法は、ひき逃げに遭ったり、自賠責保険の付いていない自動車にひかれたような被害者を救済するため、自賠責保険とは別に、政府が「自動車損害賠償保障事業」を行うよう定めている。

関連ページ

  1. 自賠責保険(強制保険)について
  2. 自動車損害賠償保障法の特徴
  3. 任意自動車保険の種類