HOME > 自動車保険の補償と内容 > 自賠責保険(強制保険)について

自賠責保険(強制保険)について

自賠責保険は、自動車損害賠償保障法という法律によって、加入が義務付けられている強制保険で、自動車事故によって他人を死亡させたり、怪我を負わせたりした時の損害賠償を補償します。
 
自賠責保険は、「他人」に対する損害賠償を補償する保険なので、運転者自身のケガや、他人の自動車や建物などに対する損害は補償されません。
 
■支払保険金限度額
傷害による損害
最高120万円まで
 
後遺障害による損害
後遺障害の程度により75万円~3,000万円まで。
神経系統・精神または胸腹部臓器に著しい障害を残し、常時介護を必要とするときは最4,000万円まで、随時介護を必要とするときは最高3,000万円までとなる。
 
死亡による損害
最高3,000万円まで

関連ページ

  1. 自賠責保険(強制保険)について
  2. 自動車損害賠償保障法の特徴
  3. 任意自動車保険の種類